アフターピルの錠剤を服用後はナプキンが必需品

コンドームなどの避妊の際、ゴムの破れや脱落などで避妊を失敗した時に使うのがアフターピルです。
アフターピルは別名を緊急避妊薬といい、避妊の失敗により望まない妊娠を避けるための薬です。
これは、避妊失敗後にホルモン剤を飲むことで、受精卵の着床を防止します。
このアフターピルは錠剤になっており、避妊失敗後72時間以内に錠剤を飲むことで避妊します。
通常は産婦人科などで、アフターピルの錠剤を処方してもらうことが可能です。
時間的な制約である、72時間以内ということがありますので、産婦人科が近くにない場合などは注意が必要です。
72時間以内に産婦人科に行くことが困難な場所に住んでいる場合には、事前に準備しておくのも一つの手段です。
また、普段コンドームを使っている時でも、いざというときのために手元にストックするのも安全対策としてはいいでしょう。
但しこれは、あくまでも緊急避妊法で最終手段です。
日常的には使えないということを十分考慮する必要があります。
また、このアフターピルを使用したあと、およそ3日後に消退出血といわれる出血があります。
これは子宮の子宮内膜を薬の作用で強制的に押し出すためにおきる出血です。
ですから、事前にナプキンを準備する必要があります。
また、個人差で大量の出血の可能性もありますので、ナプキンは多めに携帯していると安心です。
安心のため、薬の服用後はすぐにナプキンを使用した方が安全でしょう。
アフターピルの服用による副作用は、人によりさまざまですが、中には強い吐き気を催す場合があります。
このように身体にとって、非常に負担になりますが望まない妊娠によりとても危険な堕胎手術を受けることを考えれば非常に安全といえます。
堕胎により不妊になることもありますが、このアフターピルにより後遺症が発生することはありませんから。