アフターピルのデメリットとAリポ酸とは併用可能か

アフターピルは、無防備な性行為の後に内服して、妊娠を避ける緊急避妊薬です。排卵、受精、着床という3段階で妊娠は成立しますが、アフターピルは排卵と着床を抑制する作用があるので、避妊効果が得られます。
アフターピルには、中用量ピルを代用するヤッペ法と呼ばれる方法と、緊急避妊薬として開発されたノルレボを使う2種類あります。ヤッペ法のメリットは、ノルレボ錠より価格が安いことです。デメリットは、中用量ピルを2錠服用するので、吐き気が強く、嘔吐するケースが多いことです。短時間のうちに嘔吐してしまうと、薬の成分が十分吸収されないため、再服用の必要があります。1回目の12時間後に2回目を服用する点もデメリットです。
ノルレボ錠のメリットは、1回の服用で済むこと、吐き気などの副作用がほとんどないことです。デメリットは、価格が高いことです。
アフターピルは、性行為の後、72時間以内のなるべく早いうちに服用する必要があります。また、アフターピルで排卵が遅れて、その後の性行為で妊娠する可能性もありますので、注意してください。避妊に成功したかどうかは、生理が来るまではわかりません。
医師が処方する薬の中には、低用量ピルと併用すると避妊効果が低下したり、併用する薬の効き目に影響を与えるものもあります。他の薬を服用している場合には、アフターピルを処方してもらう際に、医師に相談して指導に従ってください。また、ダイエット関連のサプリメントや健康食品に含まれるセント・ジョーンズ・ワートもピルの吸収を妨げる作用がありますので、注意が必要です。
ダイエット関連のサプリメントでも、セント・ジョーンズ・ワートではなくAリポ酸が成分になっている場合には併用が可能です。Aリポ酸は、効率的な抗酸化作用があり、疲労回復やダイエットサポート、アンチエイジングに使われます。ピル使用中のダイエットサプリは、Aリポ酸を使うとよいでしょう。